確定申告のやり方

ふるさと納税で寄付を行うと、寄付をした市町村からお礼の品と「寄付金受領証明書」が
とどきます。
翌年2月~3月の確定申告時に各市町村から郵送されてきた「寄付金受領証明書」と
「本人確認の書類」の提示またはコピーを添付します。

※e-taxの場合は本人確認書類は不要です。

 

 

確定申告後、お金はどうやって戻ってくるのか?

 

確定申告後、1~2か月後に所得税が還付されます(寄付額の10%)。
その後、3~4か月後に住民税から控除額が引かれた額が記載された
「住民税決定通知書」が届きます。

よくある間違いですが、2,000円の自己負担であとの寄付額は帰ってくると
お思いの方もおられますが、実際に還付されるのは所得税分のみで、残りの
​寄付額は住民税から控除されます。

 

●たとえば3万円のふるさと納税を行った場合
所得税は(30,000円-2,000円)×10%=2,800円が還付金として振り込まれます。
住民税は(30,000円-2,000円)×90%=25,200円が翌年の住民税から減額されます。

※住民税は減額という形で控除されることにご注意ください。